本文へ移動

バンドナイフとは

バンドナイフとは?

バンドナイフとは「バンド=帯、ベルト」+「ナイフ=刃物」の文字通り、刃をつけた薄い鋼を輪っか状に溶接した刃物です。
DIY工具で知られるバンドソー用ブレードと形状は似ておりますが、バンドナイフは主にウレタンや皮革、布などの比較的柔らかいものを薄く、美しくカットする際に用いられます。
普段その姿を目にする機会は多くはありませんが、実は私たちが暮らしの中で利用する様々なモノを加工するために使われています。

スライスカット

スライス
ワークの厚みを落とし美しい切断面に仕上げるスライスカット。
そのためにはよく整備された機械と安定走行するナイフが欠かせません。
東亜機刃㈱のバンドナイフは熟練の作業者が1本ずつ丁寧に仕上げるため、機械だけでは取り除くことができない微細な”ゆらぎ”を無くし作業性と安全性の向上をもたらします。

バーチカルカット

バーチカル
発泡直後のウレタンブロックのトリミング(耳切り)から製品の仕上げ工程まで幅広く行われるのがバーチカルカットです。
硬い材料を効率よくカットしたり、美しい切断面や切粉の抑制を求められるなどその要求は多岐に渡ります。
そのため東亜機刃㈱では自社開発・生産体制を整えてお客様の多様なニーズにお応えして参ります


TOPへ戻る